So-net無料ブログ作成

キッズのスノーウェア選び おすすめポイント [スノー・アイテム]

キッズスノーウェアを選ぶ基準は?


まだまだ小さいときの子供のウェア選びは何かと考えてしまい、意外と難しいものです。

どのブランドがいい?
耐水性は高い方がいい?
すぐ成長するからサイズは大きめがいい?
ワンピース、セパレート、どちらが使い勝手がいい?

など、考えすぎてなかなか決められない方も多いです。
今現在子供に着用させているウェアを例に説明します。

[新月]?ブランド
ブランドはデザインやカラーなど、それぞれ好みがあると思いますので、子供の意見を聞いてあげたうえで、お父さん、お母さんがセレクトしてあげるといいですね。
ただ、ネットショップなどで出回っているような低価格のスノーウェアを選ぶ事はおすすめしません。まず試着ができないので大体の目安で購入した場合、サイズが合わずに最悪返品不可という場合もあります。返品交換が可能だとしてもまた手間がかかってしまうので時間の無駄です。
あと低価格で販売されているものはほとんどが無名のブランドで、クオリティは低く、耐水圧などはもちろん、耐久性も弱く、すぐにほつれや穴が開くなどしてしまうのでまたすぐに買い換えることになります。
BURTONNORTH FACEPATAGONIAなどの有名メーカーであれば間違いはないと思います。
私の子供の場合、ブランドはBURTONを使用しています。
キッズ,スノーウェア選び,BURTON

[新月]?耐水圧・透湿性
スノーウェアにはモデルごとにそれぞれ耐水圧が設定されています。
簡単に言うとどれくらいの水圧に対して耐えられるかというのを数字で表したものです。
透湿性は外からの水分は通さずに、ウェアの中で体が発汗し、蒸れた状態になったときに水蒸気だけを外に逃がして快適性を保つ機能です。子供は汗をよくかくので、身体が冷えてしまします。透湿機能を備えたウェアを選ぶのがオススメです。
耐水圧に関しては数字が高いのに越した事はありませんが、いくら20,000mm、30,000mmの高い耐水圧でも基本的に子供は雪の上で遊びます。転がったり座り込んだりしているときがほとんどだと思います。そうなるといくら高い耐水圧でも水分は浸透してきますので、無理に耐水圧を気にして高い数字のものを選ぶ必要はないかと思います。

[新月]?サイズ
ほとんどの方は子供のウェアを決める際、後のことを考えて大きめを選びます。
私の子供の場合も購入したときは少し大きめを選びました。
しかし、あまりにも大きすぎるサイズだと子供が動きにくくなってしまい、色々なところで隙間ができるので、風が入りやすくウェアを着ていても寒いという状態になるので子供がかわいそうです。
大きくてもワンサイズ程度にしておいたほうがいいですね。

ウチで使用しているのは
ジャケットは「BURTON BOYS MS FRAY JK」。パンツは「BURTON?MINISHRED CYCLOPS BIB PANT」です。

キッズ,スノーウェア選び,BURTON

現在息子は4歳。身長がちょうど100cmになるところです。体重は15kgくらいで平均的。
ジャケットのサイズは3T。14/15シーズンに購入した当初は少し余裕がありましたが、今ではジャストで来シーズンは厳しいかもです。
パンツのサイズは2Tなのですが、こちらは13/14シーズンに購入。2シーズンは問題なく履いていましたが、3シーズン目の今年履いてみるとちょっとツンツルテン。

キッズ,スノーウェア選び,BURTON,BURTON BOYS MS FRAY JK,BURTON?MINISHRED CYCLOPS BIB PANT image

しゃがんだり膝を曲げたりすると裾がかなり上に上がってしまいます。
ところがこのパンツは裾の長さが調整、というよりは長くする事ができます。

キッズ,スノーウェア選び,BURTON,BURTON BOYS MS FRAY JK,BURTON?MINISHRED CYCLOPS BIB PANT

裾の部分の赤いステッチをほどいていくと、約5?6cm程度裾が長くなります。

キッズ,スノーウェア選び,BURTON,BURTON BOYS MS FRAY JK,BURTON?MINISHRED CYCLOPS BIB PANT,裾が調整できる

長くしたあとの元の状態との比較。結構長くなります。

キッズ,スノーウェア選び,BURTON,BURTON BOYS MS FRAY JK,BURTON?MINISHRED CYCLOPS BIB PANT,裾が調整できる キッズ,スノーウェア選び,BURTON,BURTON BOYS MS FRAY JK,BURTON?MINISHRED CYCLOPS BIB PANT,裾が調整できる

長くする前と比較するとかなり余裕が出ました。
これでブーツを履いても、しゃがんだり膝を曲げたりしてもツンツルテンになることはなくなりました。
とはいえ、この状態でジャストな状態なので来シーズンは厳しいでしょうね。

こういった調整ができるキッズウェアはBURTONだけではなく、他のブランドにもありますので色々見てみた方がいいかと思います。すぐに成長してしまう子供のウェアにはかなり便利な機能ですのでオススメです。

[新月]?ワンピース派?セパレート派?


こちらもそれぞれ意見や好みがあると思います。
ワンピースの場合の利点はやはり雪が侵入しずらいという事と、保温性が高く暖かいという事です。転がりまわって遊ぶ子供は色々な箇所から雪が侵入してしまうので、なるべく雪がはいってこないようにしたいという方はワンピース。セパレートタイプと比べると1枚で済むので、値段も安くなるというメリットがあります。
0歳?3歳くらいまでの子供であればワンピースをオススメします。
3歳以上になると自らトイレに行くようになってくる頃だと思いますので、ワンピースタイプだと上から全て脱がなければいけないので手間がかかります。セパレートの方が子供が自分でも1人でしやすいのでいいかもしれません。
私の子供の場合2歳からセパレートタイプにしています。




以上になりますが、お子様のスノーウェア選びの参考になれば幸いです。
何にしても子供が喜んで着てくれる、動きやすく快適性のいいウェアを選ぶ事ができればベストです。
あまり妥協はせず、しっかりと選んであげてください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。